江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > 健康運動指導 当院における取組み

健康運動指導 当院における取組み



減量(ダイエット)
 膝関節疾患の原因のひとつに肥満(過体重)が挙げられます。一般的に骨の成長は20歳前後で止まります。そのため、関節が負担なく支えられる体重の許容範囲は20歳時の体重と考えられています。皆さんは20歳の時よりも体重が増えていませんか?  ちなみに体重が1s増加すると、膝には3sの負担がかかるといわれています。また、減量は生活習慣病やその他疾患の予防にもつながります。

当院での減量プログラム

○病状の説明・目標設定
診察後、担当の理学療法士より、膝の状態の説明を受けます。
○食事指導
現在の食生活を見直し、減量するレベルに合わせて3段階の食事指導を行なっています。適切な量、食べ方、禁忌事項などをわかりやすく説明します。
また、毎日の体重の変化を記載して頂く為に、記載用紙をお渡ししています。
○筋力トレーニング指導
膝関節周辺筋群の筋力向上は、痛みの軽減に繋がるだけでなく、基礎代謝量を増加させ、ダイエットに効果的です。
○有酸素運動
やや楽〜ややきつい位の運動強度を20分以上行なうことにより、体脂肪を燃やしていきます。
当院では、自転車エルゴメーターやトレッドミル、流水プール、ALTER-Gを設置しています。
○ストレッチ
トレーニングの前には、しっかりとした準備運動が必要であり、ストレッチを行なうことで筋力を発揮しやすくします。

 
 指導期間は個人の症状などによって変わりますが、約1ヶ月間で以上の内容についての指導を受けていただきます。この期間にダイエットに必要なトレーニング、食事内容などを覚えていただき、その後はお近くのスポーツ施設やご自宅でトレーニングを続けて下さい。
 段階的なトレーニングプログラムの変更、症状の確認は定期的に行っていきます。
 
筋力トレーニング
 リハビリテーション部のページにも掲載されていますが、当院は各種運動機器を設置しています。単に筋力トレーニングを行ったとしても目標がない状態ではモチベーションはアップし辛いものです。手術後期間が短い方においては適用外とはなりますが、定期的にサイベックスにて筋力測定を行うことにより現在の筋力がどのくらいあるのか、どのくらいアップしたのかを、数値で具体的にお伝えすることが可能です。また、効果的に筋力をアップできることで話題の振動マシン「パワープレート」や反重力トレッドミル「ALTER-G」を使用してのトレーニングなども行っています。
 症状により個々の筋力トレーニングメニューはおのずと違ってきます。その為、症状や要望に合わせ指導を行っていきます。
 

 当院には、1周20mのウォーキングプールとエンドレスプール2つの流水プールが併設されています。その特性である水温、浮力、水圧、抵抗、流水によって様々な効果が期待できます。
《流水プールの特性》
◎水温◎
 体温よりも低い水の中に入ると、体温が下がらないように安定させようとする機能が働きます。体温調節には体内のエネルギーを必要とし、さらにその中で運動すれば効果的に体脂肪を燃焼させることができます。
◎浮力◎
当院のプールは水深約125pです。肩まで水に浸かった場合、膝にかかる負担は陸上の10分の1になり、膝に負担をかけずに運動することが可能です。
◎水圧◎
 水の中では、水圧によって血液循環が促進されます。また、少し息苦しさを感じますが、水圧によって横隔膜が押し上げられ、自然と腹式呼吸になります。その結果、呼吸機能が発達改善されます。
◎抵抗◎
 水の密度は空気の800倍で、陸上では当たり前の歩行も、水中だと大きな抵抗が働きます。また、ゆっくりと動くと負荷は少なく、速く動くと負荷は増すので、個人の能力や体力に応じた運動ができます。
◎流水◎
  水中で全身に流水を受けると、陸上の運動よりも多くの神経が刺激され、脳と神経活動が活性化されます。そのほか、血行促進、リラクゼーション効果もあります。
 

 水中を歩くことにより、有酸素運動の効果が得られます。より効果を発揮するためのポイントは以下の通りです。
@底をしっかりと踏みしめる。
A腕を大きく降る。
B膝を高くあげる。
C前傾姿勢をとり、水を押しのけるようにして進む。
その他にも、歩幅を広げて歩く、水をキックしながら歩く、横歩きを行うことにより脚の動きにバリエーションを持たすことができます。
 さらに、水を掻くような腕の動きを加えることにより、下肢だけでなく上肢の筋も合わせながら運動が行えます。
 

 エンドレスプールとは、前方から出てくる水流に逆らって泳ぐことにより、ターンする必要なくいつまでも泳ぐ事ができるプールです。水流の強さは8段階の調節が可能で、水泳やトライアスロンのアスリートも利用しているプールです。当院ではリハビリ、ダイエット目的に理学療法士やトレーナー指導の下、利用していただいています。(バタ足40秒を5セットなど)
 

 水中筋力トレーニングとは、水の抵抗を負荷として行うトレーニングです。
 水の抵抗は、動く物体の面積に比例して、速度の2乗に比例して大きくなる為、それらを個人に調整しながらトレーニングを行います。
 

 現在、月曜日と金曜日の週2回、13時より30分間のアクアレッスンを行なっています。アクアレッスンでは、水中ウォーキングと筋力トレーニングを組み合わせ、キラーチューンにあわせて実施しています。参加は予約制で、担当医師、理学療法士の許可が必要です。
 
スポーツにおいて

 当院には、バドミントン部、海部、マラソン部、スキー部など多くのスポーツ活動を行っています。また、個人でもスポーツ活動を行っているスタッフも多く、院長を始めスポーツ好きなスタッフが集まっています。そんなスタッフが集合しているので、当然スポーツ選手のリハビリにおいてもライフワーク的に楽しんで治療を行っています。リハビリ室にバドミントンコート、バスケットゴール、卓球台、屋外にはランニング、ウォーキングコースやキャッチボールが行えるスペースもあるクリニックは珍しいのではないでしょうか。  

 本気で部活動に取り組んでいる選手の治療、サポートを以下に効率よく効果的に実施していくかについて。常に検討を重ねております。

 当院では、ケガをした選手の機能回復を安全に早期から行います。身体機能を向上させることにより受傷前より高いパフォーマンスが発揮できるのではないかと考え、受傷部の治療は当然ながら受傷した背景、原因と考えられる部位の改善と治療も行い、再発予防のために治療方針を検討しております。

 学生時代の部活動は、長いようで意外と短く「あっ」という間に終わってしまいます。大事な試合までで「どうしても試合に出たい」という要望を受け、治療とは逆行しますが、後に悪影響を及ぼさない症状であれば、どうすれば出来る限り高いパフォーマンスを発揮でき、痛みが緩和された状態で復帰、試合出場させることが出来るかを検討していくことも我々スポーツに携わるものの仕事と考えて入ります。

   


江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.